駿河湾沼津サービスエリア上り線、駿河庵の名産品たっぷりうどん

ご当地の名産品が盛りだくさんの新東名、駿河湾沼津SA上り線の人気商品!

久しぶりに駿河湾沼津サービスエリア上り線を訪問。今回は「麺処駿河庵」さんにお邪魔しています。

フードコート全体をざぁ〜と見渡してみると、ご飯もの中心のい店(定食系?)のが2軒、海鮮系のどんぶり屋さんが1軒、ラーメン屋さんが1軒、うどん屋さんが1軒。結構ご飯もの系が充実していたイメージなので、ちょくちょく仕事などで利用する方にはいいかもしれませんが、今日は久しぶりの立ち寄り。

せっかくだからご当地商品、しかもまだ陽射しが強く暑いので、さっぱりしたものが食べたいなと思い、冷たいもの(というか暑くないメニュー)を探して駿河庵さん看板を覗いてみたところ、うどんが見えなくなるほどトッピングがのった商品を発見。

「富士山嶺沼津ぶっかけうどん」890円也。ということで、ここ駿河庵さんに決定し、そのまま注文する。 注文するとその場でバサバサっといろいろな食材をトッピングしてくれるのだけど、うどんが見えないほどのトッピングの量!よくあるチェーン店のセルフスタイルのうどん屋さんなんかだと、トッピングはシンプルで自分で選んだ天ぷらを乗せて食べるケースが多いのだけど、ここは一つ一つの食材のボリュームもしっかりとしている。

富士山嶺沼津ぶっかけうどん

富士山嶺沼津ぶっかけうどん

シラスに桜海老、黒はんぺん、地海苔に花かつおがうどんの上に乗せられており、別添えの小皿には、山葵漬けが付いてきます。受け取り口で商品を受け、会計まで進む途中にセルフうどん屋さん定番の揚げ物コーナーがあるのですが、こちら駿河庵さんの揚げ物には「ぶ厚い」といった方がいいのか「大きい」といった方がいいのかわからないほどの存在感の桜海老のかき揚げが・・・。 ボリューム的には「沼津ぶっかけうどん」だけでも十分なのですが、かき揚げの存在感に負けて思わず購入してしまいました。

桜海老と野菜のかき揚げ290円

桜海老と野菜のかき揚げ290円

山葵漬け

山葵漬け

うどんの麺の太さは普通ぐらいでしょうか。コシの強さが売りのもっちり系の麺ではありませんので、冷たいうどんでもスルスルと食べられます。また、桜海老がプリプリの食感で、釜揚げしらすもボリューム満点、黒はんぺんもしっかりと味が付いて、様々な食材や食感で飽きずに最後まで楽しめます。

野菜たっぷりのかき揚げも美味しかったのだけれど、やっぱりこれは「かけ」の方が合いますね。麺のつゆにしっかりと浸しながら食べる天ぷらでした。寒くなってきたら再度トライしてみます。

また、うどんの感想ではありませんが、別の小皿で付いてくる山葵漬けが美味しいのにびっくり!これも一つの食材として十分に楽しめますね。個人的には次回はこれでざる蕎麦を食べてみたいなと思えるほど。 そういえば、山盛りのざるそばを注文しているお客さんも多かったな(商品名が判らずすいません)。次回はそれにチャレンジしてみます!

まだまだ暑い日が続くので、さっぱりしながら尚且つご当地を楽しみたい方には、非常にお勧めできる商品です。天気が良ければ綺麗な駿河湾の景色も臨めますよ。

今日の発見
シラスも桜えびもたくさん入っていて、うどんだけでもご当地感を十分に味わうことができる。東京方面に帰る方で静岡らしいものを食べていない方。駿河湾沼津によればまだ間に合います。

フォローする

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。