南山大学とパンのトラによる共同開発の期間限定商品「いっぺん食べてみりん!五平パン」を購入!

東海エリアのSAPAではおなじみの「三河名物五平餅」にそっくりな「五平パン」がNEOPASA岡崎SAに登場!

本日はNEOPASA岡崎のパンのトラさんにお邪魔しています。

比較的利用頻度が高い岡崎SAへ本日も立ち寄り。上下集約(上り線と下り線が一緒の施設)型なので、東京方面でも名古屋方面でも利用できるのが便利で、ついつい立ち寄り回数は多くなってしまいます。本日は豆狸(まめだ)さんでいなり寿司を手土産に帰ろうと立ち寄ったところ、館内入り口に非常に気になってしまうPOPが・・・。

 

 

五平パン!?見た感じは五平餅そのものだけど・・・。しかも南山大学との共同開発って??

色々気になってしまったので、とりあえず店内で実物を確認してみることに。

 

 

相変わらず、商品が充実していますね。以前紹介させていただいた「殿様エビフラヰ」「おうはんクリーム」、人気の「八丁味噌のカツサンド」なども前面で販売されていて、今回期間限定販売の「いっぺん食べてみりん!五平パン」も、その一角に陳列されています。

 

 

商品は五平餅と同様に平べったい太めの串に刺さっているような状態ですが、たこ焼きなどで使用される舟皿に載せられており、タレが付かないようにフィルムが貼られた状態で並べられています。すぐ食べたい方は、このままテイクアウトしてしまっても良さそうです。

 

早速、お土産として購入。1本税込230円ですね。

通常のパン同様に袋に入れてもらいましたが、助手席に置いてあったせいか、移動中も五平ダレの香りが気になって仕方がありません(笑)

普段はあまりパンを温めたりはしないのですが、時間がたってタレも冷めてしまっているので、軽く温めてから実食!

 

 

タレの付き具合や串の焦げ具合など、まさに五平そのもの。これがパンだというから驚きです。裏はパンそのものですが。

 

 

パン生地はやわらかくてもっちりとした食感ですが、中に五穀米が混ぜ込まれており、タレのゴマと共にプチプチとした良いアクセントになっています。また何といっても香りが良い!タレの香ばしさは普通の五平餅と同様に感じられるので、満足度が高い商品に仕上がってます。

お土産として買っていったスタッフさんにも、パンの食感が非常に好評でした!

 

ちなみにこの商品は、南山大学の学生さんがお客様動向を分析するマーケティングを行い、パンのトラさんと商品企画から開発まで関わった商品ということで、年末の販売開始時期には担当した学生さんたちが販売もしていたようですね。こういう機会に学生さんたちがお客さんとコミュニケーションをとることができる事も、お客さんが商品開発に関わった人たちと直接話ができる事も、どちらの立場からも興味深い取り組みといえますよね。

ちなみに商品は今のところ「期間限定」ということなので、気になる方はお早めに・・・。

またこういった機会があれば、ぜひ直接話を聞いてみたいと思います!

 

今日の発見
「いっぺん食べてみりん!五平パン」は南山大学の学生さんのマーケティングと企画力、パンのトラの知識と経験が集まった魅力的な商品でした!

フォローする

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。