新商品の能登いしるラーメンとはどんな味?恵那峡SA上り線のらーめん蔵やが販売する新たな昇龍道メニューを体験!

東海エリアではここだけ!?恵那峡サービスエリア上り線の「蔵や」で、日本三大魚醤の「いしる」をスープにしてホタルイカをトッピングした超レアなラーメンを食べてみた!

本日は恵那峡サービスエリア上り線のフードコート「蔵や」さんにお邪魔しています。

 

 

久しぶりの恵那峡サービスエリア上り線で気になる商品を発見しました!それが「能登いしるラーメン(税込880円)」。この商品はフードコート内の「らーめん 蔵や」さんで販売されているのですが、以前の富山ブラックと同様に昇龍道メニューのようですね。

 

 

で、なにが気になったのかというと、まずは日本三大魚醤の「いしる」を使用したスープをベースにしていること、あとはトッピングがおよそ普通のラーメンっぽくない具材であることの2点です。

いしるとは、能登半島で昔から製造されている魚醤で「秋田のしょっつる」や「香川のいかなご」と並んで日本三大魚醤のひとつとして知られている調味料。地元では一般的に使用されているようですね。

地元のラーメン屋さんや北陸をベースとしたチェーン店などでは「いしるラーメン」はメニューとして販売されていることもあるようですが、北陸以外ではほとんど見かけません。というか今まで見た事ないですがないです。中央道だけじゃなく、東名新東名などでも見た事ないですし、ネットで検索してもほとんど出てきません。東海エリアでは本当にここでしか食べることができないラーメンなんじゃないでしょうか、というぐらい珍しい商品です。

もう一点はおよそラーメンらしからぬトッピング。なんとメインで乗っているのがホタルイカ!これは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的には大好きです。それにしてもラーメンとホタルイカって相性はどうなんでしょう?

というわけで早速注文してみましょう!

 

 

はい、こちらがその「能登いしるラーメン」です。

ホタルイカに二種類のネギと柚子、わかめが大量に乗っています。チャーシューとか卵とかメンマとかの定番品は一切使用していないこの振り切った感じがなかなか興味深いですね!

さっそくホタルイカから。

 

 

ボイルされたもので味付け自体はされていないようですが、噛み締めるとホタルイカのワタの苦味が美味しいです。お酒好きな人にはちょっとお酒が欲しくなってしまうような美味しさです(笑)。ちなみに本場のいしるラーメンにはイカを使っているケースはあるようですが、ホタルイカは珍しいよう。

続いてはスープ。

スープの味は醤油よりも若干ですが塩味を感じるといったらいいでしょうか(しょっぱいということではありません)。ただ独特のコクがあって癖になりそうな味わいです。魚醤というと若干クセがありそうな印象ですが、こちらのラーメンはそれ程クセがなく、まろやかな味わいに仕上がっています。

ただこの潮っぽさがホタルイカやわかめと合うんでしょうね、非常に美味しいラーメンに仕上がっています。柚子も利いていて全体的なイメージとしては潮の香りが感じられる和風のラーメンといった趣です。ホタルイカの美味しさもあってパンチは十分ですが、スープも美味しくて完全に飲み干してしまいました。

 

 

ご飯片手に食べたくなるような感じではなく、ラーメンのみで完結させていような美味しさでした!

本当に珍しいラーメンなので、是非一度は試していただきたいと思います!

 

今日の発見
チャーシューもメンマも入ってないけど満足度は十分!ホタルイカを使用した能登いしるラーメンを食べることができるのはおそらく日本でもここ恵那峡サービスエリアだけ!?

フォローする

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。