茶ーリーとセバス茶ン⁉︎駿河湾沼津サービスエリア下り線で緑茶のフレーバーティーを発見。

駿河湾沼津SA下り線のロコマルシェで気になるキャラクターを発見!新しい緑茶の楽しみ方を提案。

本日は新東名のNEOPASA沼津SA下り線のロコマルシェさんにお邪魔しています。

日頃自炊していると遠出した際に欲しくなるのがご当地や変り種食材(食品)。久しぶりに駿河湾沼津サービスエリア下り線で休憩をとったので、ロコマルシェさんでちょっと珍しい「おやつ」や「食材」がないか探して見ました。

こちらのロコマルシェさんは超巨大マルシェになっていて、海鮮丼ものから野菜、ご当地食品からおみやげ物までが多く揃っていて、サービスエリアの中でもトップクラスの広さじゃないでしょうか。

暑い日が続いているので、箱菓子などのおみやげ物は食べきれないと食べきれないと痛んでしまうし、そもそもそんなに沢山いらないので対象外。加工食品だと、小さなものから充実しているけど冷蔵品だと買えるまでの時間を気にするのがしんどい。とそんな感じで店内をブラブラしていたら、なにやら気になるキャラクターを発見。

 

「笑いが起きるお茶土産!?・・・」この感じはどこかで・・・。

 

 

なになに、「茶ーリー」と「セバス茶ン」の[TEA TIME BROTHERS 」!?

なかなかインパクトのあるキャラクターですね。パッケージのインパクトに釣られて、おもわず商品を手にしてしまいました。

どうやら静岡茶を使用したフレーバーティーのようです。で、時間帯に応じて異なる香りを飲み分けることをおすすめしていて、ベーシックの緑茶に加え、「みかん」「トロピカル」「ストロベリー」の香りの計4種類。ティーバッグが5個入って500円。しかもひとつのティーバッグで2~3杯は飲めるということなので、それ程高くは感じないですね。ちなみにその横にも「茶ップコーン」なる商品があって、このセンスどこかで・・・。

とりあえず、この遊び心に騙されたつもりで、「緑茶×みかん(税抜き500円)」を購入。お茶菓子にいいかなとついでに「茶ップコーン(税抜き430円)」もあわせて買ってみました。

 

自宅に戻ったので早速お茶を入れてみます。蒸し暑いので冷たいお茶でさっぱりしたいところですね。

 

 

お湯だと30秒、水だと3分程度で抽出できるようですが、今回は氷を入れてしっかり冷やして飲みたかったので、ちょっと長めにつけておきました。

 

ちなみにパッケージを開けてみた際に気がついたのですが、やはりどちらの商品も「スタジオみどり」さんが関わっているようです。

 

 

このキャラクターのインパクト、駄じゃれのセンスは以前紹介した「茶ッス」や「カテ筋さん」に通じるものがありますよね。売り場で感じた“もやもや“はこのデジャブ(既視感)だったんです!

さすが静岡のお茶の愉しみ方を笑いを通じて届ける会社です!まんまと二度目の罠にはまってしまいました(笑)

 

 

この「緑茶×みかん」のフレーバーティー、さっぱりとしていて後味がすっきりしているので、暑い夏場なんかには普通の緑茶よりもおススメです。スポーツドリンクなんかを飲む事が多いとは思いますが、コレならお子さんでも愉しんで飲んでくれそうです。

茶ップコーンの方は、抹茶ミルクが水あめになってコーティングされているので、しっかり甘いです。ただ開封後もジッパーがついているので、数日かけてちょこちょこお茶菓子に食べても良さそうです。

静岡茶の新たな愉しみ方を皆さんも是非体験してみて下さい!

 

今日の発見
静岡茶の新しい楽しみ方の提案!「フレーバーティー」で暑い夏にこそゴクゴク飲めて後味スッキリの緑茶がオススメ!

フォローする

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。