ボリューム満点のB級グルメ「棒かつドン」を食べ長良でってどういうことかわかりますか!?

スポンサーリンク
◆スポンサードリンク




予シャキシャキきゃべつとボリュームたっぷりの棒かつドンにたっぷりソースをかけて食べる楽しいB級グルメ

本日は長良川サービスエリア下り線のテイクアウトコーナー「遊食茶房 食べ長良」さんにお邪魔しています。

 

 

東海北陸自動車道の下り線の長良川サービスエリアまでやってまいりました(長良川SAは下りしかありません。反対に位置するのは関SA)。早めの昼食でちょっとお腹が減ってきたので、屋台で何か食べたいなと思い立ち寄ってみたのですが・・・。見つけたお店が食べ長良。まさかの駄洒落です(笑)。でも悔しいことに一発で名前を覚えてしまいますね、コレは。

 

 

 

そんな流れでちょっとニヤつきながらお店の商品を検討。お団子やフランクフルト、揚げ物などが数多く並んでいます。黒唐揚げ明宝フランク飛騨牛コロッケなど、ご当地の商品が多いようですね。あとはドリンクやソフトクリーム。高山のしょうゆ団子が気になったのでお店の前をウロウロしていて、ハッと目に付いたのがこちら。

 

 

歩きながらのかつ丼!棒かつドン(税込380円)

団子だったら100円で済んだのに、思わずこの棒かつドンを注文してしまいました。

お店のスタッフさんに注文したら、なにやらカウンターの向こう側の手元で、何やらガサゴソしています。何してるんだろうと思ったら、パックにキャベツを入れています。あの串カツとかで食べるようなザクザクと粗めに切られた感じのキャベツです!

で、その上に棒かつドンをどんっと置かれて「はいどうぞ」って。味付けはカウンターにおいてあるソースか味噌ダレを自分で掛けるようです。今回は普通のソースにしてみました。早速、屋外で食べてみたいと思います!

 

 

 

棒かつドンはかぶりついて、キャベツはその串で刺しながら食べていきます(一緒に箸は貰っていますが)。商品は棒かつドンの名前の通り、味をつけたご飯に豚肉を巻きつけてそれをフライにしたもの。言ってみれば肉巻き棒のフライかつ丼風味といったところでしょうか?余計わかりにくいか(笑)

衣の中はこんな感じです。

 

 

見た目を気にしてソースはそれ程かけなかったのですが、大きさやキャベツがある事などを考えると、結構たっぷりと掛けておいた方が良さそうです。ご飯も入っているのでボリュームもかなりありますね。

キャッチフレーズどおりの歩きながらのかつ丼というわけにはいきませんでしたが、こういった提供方法はすごく新鮮で楽しいですね。思わず誰かに話してしまいたくなります。というかもうかなりの人数に話していますが(笑)。

 

高山しょうゆ団子に気になっていた自分は何だったんだろうと思いながら、店名も商品名もインパクト十分で記憶に残る高速グルメとなりました。

 

今日の発見
食べ長良の棒かつドンは覚えやすい名前と新鮮な提供方法で誰もが思わず話したくなること間違いなし!他のご当地メニューもまとめて買ってみんなでシェアすれば更に楽しめるはず!

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。