超人気の川島パーキングエリアにある、おしゃれなカフェのようなフードコートで食事をしてみました!

スポンサーリンク
◆スポンサードリンク




パーキングエリアのフードコートとは思えないカワシマキッチンでのんびりと寛いだランチタイムもいいかも。

本日は東海北陸自動車道下り線川島PA(オアシスパーク)にある、カワシマキッチンさんにお邪魔しています。

 

 

遂にやってきました!東海地域での超人気のパーキングエリア川島PA。オアシスパークという名称で皆さんに親しまれていますね。テレビでも一日過ごすことができるパーキングエリアとしてもよく紹介されていますからね。

そんなちょっとした遊園地のような施設の中にあるフードコートが今回お邪魔したカワシマキッチンさん。なかはまるでおしゃれなカフェのような造りになっています。

 

 

券売機も購入すると自動的に注文が入るタイプですね。

 

 

せっかくなのでゆっくりと寛ぎながら、いつもとは違う雰囲気で食事をしてみないなと思い選択したのがコチラ。

 

 

豆腐と鮎甘露煮の和定食(税込980円)全体的なバランスも良く、身体にもよさそうです。ゆっくりと素材の美味しさを感じながら楽しんでいくことができるようなメニューではないでしょうか。フードコートのメニューとしてはちょっと珍しいタイプですよね。

ちなみに、このフードコートを運営しているのが「豆家Genge」という豆乳や豆腐などに特化したメニューを提供するお店を旗艦店に持つ会社。この会社で運営するお店では、必ず各店舗でお豆腐を作っているとのことなので、こちらカワシマキッチンさんのお豆腐も完全に自家製ということのようです。

なるほど、それで豆腐がメインとなるような定食がメニューとしてあるわけですね。

それでは早速お豆腐からいただきたいと思います。※醤油は商品受け取り時にカウンターでセルフサービス。

レンゲでたっぷりとすくい、口の中に運んでみると、非常に滑らかな舌触りで口の中で崩れていくような丁度良い柔らかさ。豆乳のようなクリーミーでコクがある味わいといったらお判りいただけるでしょうか。しっかりとお豆腐の美味しさが伝わってきますので、お醤油は半分にかける程度がお勧めです。最初は醤油なしで、そのまま味わってみるのがお勧めです。

ボリュームも十分なので、確かにメインの料理としてもしっかりと楽しむことができています。

続いて鮎の甘露煮。

 

 

添えられた大根おろしにレモンを絞り、合わせていただきます。一口食べてみるとしっかりと味がしみていて、口の中で骨の固さが気にならないほどに柔らかく仕上がっており、箸でも千切れてしまうほど。甘露煮としての味付けも甘さもそれ程強くはなく、レモンや大根おろしと合わせて食べることで、かなりサッパリとした味わいになっています。白いご飯が進みますね。

 

ご年配の方や食の細い方だと、高速道路のSAPAなのでの食事にはちょっと抵抗がある方も多いかとは思いますが、こういった少量で色々なおかずが楽しむことができるメニューなら、利用しやすいですよね。日ごろ高速道路を利用する職業ドライバーの皆さんにも、胃を休める為にもこういったやさしい食事はお勧めです。

食後にブラブラと公園内を散策しながら、気持ちの良い時間を過ごしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。