関サービスエリアで最高に贅沢なランチタイムを過ごせる!?絶品の飛騨牛ローストビーフ丼をご紹介します!!!

スポンサーリンク
◆スポンサードリンク




 

本日は東海北陸自動車道の上り線、関サービスエリアのかごの屋さんにお邪魔しています。

今回はせっかくなので、ちょっと贅沢なランチにしようとやってきました「関サービスエリア上り(関SAは上り線だけです)」。フードコートも魅力的なお店がならんでいますが、ゆったりと座れて色々な料理が選べるかごの屋さんを選択。

 

 

「飛騨路の和食 かごの屋」とありますので、通常のかごの屋さんとはメニューなどが異なるんですかね。ご当地メニューも多そうです。

それにしても飛騨牛の炙り丼、気になりますね~。牛丼タイプの飛騨牛は何度か食べたことがありますが・・・。

写真でみるかぎり、肉の厚みもしっかりとあり、「炙り」ということは肉が硬くならないように火を通している程度だと思うので、飛騨牛の肉の旨味も残っていて・・・、よしッ、これを注文してみましょう。

 

 

ランチタイムを大幅に過ぎた時間だったせいか、店内はかなり空いています。

さっそく飛騨牛炙り丼を注文、と思ったら予想外の売り切れ・・・。なんということでしょう、想定外でした・・・。完全に飛騨牛スイッチが入っちゃってるのにどうすりゃいいんだぁ~と思っていたら、手元のメニューに代替品となる商品を発見。

同じく飛騨牛で価格も変わらず、しかも美味しそうなので、今回はこれで良しとしましょう!

 

 

はいッ!飛騨牛のローストビーフ丼(税込2138円)です。

炙り丼が売り切れていたのは残念ですが、飛騨牛のローストビーフも珍しいですし、肉のボリュームも十分だったので期待大です!まんぷく丼メニューとあったので、ご飯のボリュームもありそうです。では早速頂いてみましょう。

まずはローストビーフのみで。

 

 

綺麗な赤味ですね。それなりに薄切りになっているので食感もよく、飛騨牛らしい脂の甘みも感じられます。

公式サイトを見ると、ローストビーフに最適なもも肉を半日以上かけてじっくり焼き上げているんだとか。良い食材というだけでなく、手間も掛かっているんですね。ローストビーフは結構流行であちこちで販売されていますが、写真のイメージと違って・・・と、なかなか当たり外れが大きい食材でもあります。その点でいうと、こちらのローストビーフは、見た目にも綺麗で、飛騨牛の美味しさもしっかりと感じられる商品に仕上がっていますので、おすすめ出来る商品だといってもいいんじゃないでしょうか。

 

では丼のほうへ戻ります。ソースはすでに掛かっているのですが、控えめなのでお好みで調整します。白っぽい方がからしマヨ、黒っぽい方が醤油ベースの香味ダレといった具合になってます。まぁ個人的にはからしマヨはそれ程魅力を感じないので、定番っぽい香味ダレをかけます。

しっかりとご飯にしみ込んだソースと飛騨牛ローストビーフの旨味が混ざり合って本当に美味しいです。胡椒も良いワンポイントになっていますね。ただ当然ですが、飛騨牛の美味しさをしっかりと味わいたいという場合には、あくまでもこのソースは控えめにしておくことがおすすめです。

続いては卵黄も崩してトッピングされている野菜も混ぜていきます。

 

 

 

ローストビーフにたっぷり掛かったソースと卵黄、ごはんを一緒に食べてみると先程よりはグッとまろやかな味わいとなって、こちらも非常に美味しいです。カイワレ大根のシャキシャキした食感と、みょうがの味が利いているので、まったく違った楽しみ方ができますね。

個人的には後半のごちゃ混ぜスタイルの方が好みですね。飛騨牛の旨味とローストビーフならではの食感、カイワレのシャキシャキ感、みょうがの存在感などが混ざり合っているこの感覚は、なかなか他では味わえるものではありません。

ランチとしての2000円オーバーは我々サラリーマンにはなかなか勇気がいる価格ですが、飛騨牛ブランドでこのローストビーフのボリュームを考えるとかなりコストパフォーマンスは高めなんじゃないかと感じています。

とりあえず美味しさは間違いありませんので「たまにはちょっと贅沢なランチを」という方には、関サービスエリアのかごの屋さんで飛騨牛を試してみることをお勧めします!

 

関SAでは座席もゆったりのかごの屋さんで、のんびりとしたランチがおすすめ。飛騨牛メニューも充実してるので魅力的です!

 

今日の発見
関サービスエリアのかごの屋さんは「飛騨路の和食」と謳っているだけあってご当地メニューが豊富!魅力的な飛騨牛メニューも取り揃え、他店とは明らかに異なる地域のレストランになっている!

 

投稿者プロフィール

ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジン編集部
ハイウェイマガジンの編集部:当サイトはSAPA情報をお伝えする高速専門の情報サイトです。編集部では不定期に記事を投稿していきますが、SAPA情報を配信したい方は無料でご自由にお使いいただくことが可能です。サイトトップページにメニュー(お問い合わせ・ショップ会員登録)より、お気軽にご相談・お申し込みください。